克服日記

こだわり栽培のケールを使用した青汁

青汁の原料に使われる野菜にはいくつかの種類があります。
代表的なものがケール、大麦若葉、明日葉、長命草、桑の葉、クマザサなどになります。
これらの主な材料によっても効能や効果が違ってきますので、選ぶときにはどんな効果を狙っているのか、よく考えた上で青汁商品を選ぶようにするといいでしょう。

ちなみに、先ほどの原材料の野菜の中で一番よく使われているものがケールです。
ケールは青汁に一番いいといわれています。
青汁にケールを使っている場合には、基本的なところを押さえた間違いのない青汁飲料選びができます。

ケールがいいとされている理由とはいったいどんなところなのでしょうか?ケールはアブラナ科の植物です。
地中海沿岸が原産地とされていて、欧米ではロールキャベツとしてよく食されている野菜です。
しかし、日本ではその独特の味から野菜として食べることはありません。

そのため、青汁用に栽培されているものが多いとされています。
ただ、ケールに含まれている栄養素は他のキャベツやブロッコリーなどの野菜と比べるとはるかに多くのものを含んでいます。
青汁の原材料、ケールに含まれている栄養素はたくさんあります。

タンパク質をはじめ、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCなど人間の体に必要な栄養素をたくさん含んでいるものとされています。
このようにケールを含んだ生の青汁は、葉緑素や繊維質、ビタミン類を多く含んでいます。
毎日一杯飲むだけで、効率よく野菜の栄養素を摂ることができます。

ビタミンCに関しては、美肌効果があります。
ニキビやシミの予防にもなります。
さらに食物繊維は、腸内環境を正常化する働きがあり、便秘や下痢にもよく効きます。

お腹の調子が悪い人には、男性でも女性でも青汁がいいとされています。
もちろん、生活習慣病の予防にも最適な野菜になります。
日本で青汁のために栽培されたケールは、こだわりの栽培法で作ったものばかりです。
毎日飲めば、それだけ健康を維持できるものですから、自然の恵みとしてありがたくいただきましょう。
ケールの他にも大麦若葉と明日葉が青汁の原料としてよく使われているので、これらの三つのことを三大原料と呼んでいます。
ケールは苦みが強いため昔からある青汁のイメージ通りの味わいがするでしょう。
なので、最近ではわりと飲みやすい大麦若葉や明日葉をメインに使用している商品が増えています。


Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.