克服日記

青汁と牛乳を混ぜて飲んでも大丈夫?

青汁をそのまま飲むことが苦手な人は何かいい方法はないものかと思いますが、そのまま生で飲むことが一番いいはずです。
そこで別の飲み物と混ぜて飲む飲み方が一番よく使われています。
青汁と相性のいい飲み物というと牛乳だと言われています。

牛乳はコンビニやスーパーでも簡単に手に入る健康飲料です。
子どもの給食でも毎日出てくるくらいですから、その栄養価の高さはすでに誰もが知っているものです。
その牛乳ですが、青汁と一緒に混ぜて飲むとかなりいいものだとされています。

特にカルシウムを摂取できるという点では、牛乳がこれを補うといったような形になります。
カルシウムというと、骨粗しょう症という言葉があるように、イライラしたりすぐに骨を折ってしまうなど、不足すると体にかなり悪い影響を与えてしまいます。
更年期の女性は特に気をつける必要があります。

カルシウムは若いときに不足してもそれほど大きな影響がありませんが、年齢を経るとともにその影響が現れてしまいます。
そのため、毎日の食事では足りない場合は、別に青汁や牛乳などをしっかりと飲んで、カルシウム不足を解消しておく必要があります。
さて、青汁と牛乳ですが、混ぜるとよりカルシウムの吸収率がアップします。

青汁の成分にもカルシウムがたくさん含まれています。
青汁牛乳を飲むことでたくさんのカルシウムを知らないうちに摂取することができます。
野菜にたくさんのカルシウムが含まれていることはとても意外に思われるかもしれませんが、青汁にたくさん含まれていることを知れば、子どもさんにも毎日飲んでもらいたいものです。

牛乳を混ぜることで、味や匂いもマイルドになり、青汁も飲みやすくなります。
見た目には抹茶のような感じもしますが、抹茶ではありませんのでご注意ください。
青汁や牛乳などに含まれるカルシウムは、摂取上限があります。
そのため、飲みすぎには注意してください。
目安は一日に1回か2回飲めばいいでしょう。
青汁は薬ではなく健康食品なのですぐに効果を期待することはできません。
毎日飲み続けていくことで健康面・美容面での効果http://www.viewnet.jp/dw-takahashi/を期待できます。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.