克服日記

青汁は本当に花粉対策になるのか?

青汁というと苦い飲み物として知られています。
ところが、健康にとてもいい飲み物でテレビCMでも評判がよかったことから、多くの人が健康のために飲んでいます。
その青汁ですが、花粉症対策にもなるとされています。

青汁は毎日飲むべきものですが、継続して飲むことでその効果を得ることができるわけです。
そこで花粉症に効く理由とはどんなものなのかを知るようにしましょう。
青汁は医師が処方するような薬ではありません。

そのため、即効性のあるものではありません。
少しずつ体が改善されていくような感じに捉えてもらえればいいでしょう。
治療をするものというよりも、症状を抑えていくものなのです。

青汁の主原料はケールですが、このケールに含まれている成分にアレルギー反応を抑える働きがあります。
ケールには、糖脂質やフラボノールといった2つの成分が入っています。
この成分が含まれている青汁の原料はケールだけです。

そのため、ケール以外の青汁を飲んでも花粉症にはそれほど効果がないものと考えてください。
ケールの他には明日葉や大麦若葉などの原料がありますが、こうした原料は花粉症を抑える効果はないものと考えてください。
花粉症の症状はアレルギーの過剰反応ですから、くしゃみや鼻水などの症状が出てくるのを青汁の成分が抑えてくれます。

体質を改善するためには、少し時間がかかります。
最初にも書いたように毎日継続して飲み続けることで少しずつ体質を改善していくということになります。
そのためには、花粉症になる時期をよく見極めましょう。

花粉がよく飛ぶようになる数ヶ月前に飲み始めると効果的です。
最もいつも飲んでいる人には、こうした心配をすることはありません。
青汁には花粉症以外にも多くの効果があるからです。
そのため、春先や秋といった時期に関係なくいつも青汁を飲むようにすれば、どんな病気にも効くようになります。
自分の体が病気に強いものになっていると考えてください。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.