克服日記

青汁ってどうやって開発されたのか

青汁は今ではとても有名な健康食品・健康飲料になりました。
しかし、こんなまずい飲み物がどうして健康にいいとされ、みんなが飲むようになったのか、知りたくありませんか?青汁の開発にもいろいろな人が関わり、発見から実用化まで苦労した上で今の私たちの手元に届くようになっています。
青汁の歴史は実に古いものです。

日本では千年以上の歴史があるとされています。
そして、日本最古の医書「医心方」にも青汁のことが記載されています。
そんな昔からあった青汁ですが、戦中戦後の食べ物がなかった時期に遠藤博士という人が、葉っぱに多くの成分が含まれていることを発見しました。

医学的にも栄養分のある食材として認められたのもこのころです。
実際にいろいろな人に飲んでもらったところ、体の調子がよくなり、栄養不足も解消したということで、遠藤博士は研究を始めることになりました。
戦後の医師の仕事のかたわら、青汁の研究を進めた結果、これに最もいい野菜は、ケールだということに気づきました。

そこでケールだけを使った青汁を作るようになったわけです。
ケールは日本ではなくヨーロッパ原産でしたが、今では日本でも数多く栽培されています。
そして、農薬や化学肥料を全く使わずないケールを日本でも栽培するようになったわけです。

ケールにはビミタミンやミネラルがバランスよく含まれていますが、飲みにくい飲み物としても有名です。
苦い上に匂いも青臭く、食物繊維が邪魔して一気に飲むことも難しい飲み物です。
健康食品として全国的にも有名になったのは、テレビCMやテレビ番組で罰ゲームとして利用されたからです。

その後も青汁は改良を加えられ、飲みやすい青汁やハチミツや甘味などを加えた商品、さらに生だけではなく、粉末やサプリメント、ゼリー状のものなどその商品の幅は広がっています。
飲みやすい青汁を見つける方法はこちら→ http://www.seventhgenerationcsr.com/kotsu/
青汁は野菜不足や健康を維持するために飲むことが多くなり、料理として食べたり飲むことは少なくなっています。
野菜を食べる機会が少なくなった現代だからこそ、再び注目を浴びてきた野菜なのではないでしょうか?
青汁には副作用の心配がないので、家族みんなで毎日一杯飲んで健康を維持しましょう。


Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.