克服日記

青汁ってケールを使用しているのか?

青汁によく使われる原材料というとケールです。
ケール以外にも明日葉や大麦若葉などもありますが、それぞれに特徴があります。
ケールはヨーロッパでは、よく食べられている野菜です。

植物の分類を考えると、アブラナ科になり、アブラナ科にはキャベツやブロッコリーなどのおなじみの野菜も含まれています。
ただ、ケールはキャベツやブロッコリーよりもはるかに多くの栄養素を含んでいます。
その種類だけではなく、量に関してもトップクラスを誇っています。

ケールに含まれる栄養素といえば、http://www.pest-one.com/origin.htmlにも解説されているように食物繊維、ビタミン、葉酸、ナトリウム、カリウムなどが多いとされています。
ただ、ケールは日本のスーパーの野菜売り場や八百屋などであまり見かけることがありません。
ヨーロッパでは主にロールキャベツといった料理にも利用されていますが、味のほうはやはり独特のものがあります。

日本人に口に合わないこともあり、野菜として食べるよりも青汁として飲むことが多くなっています、しかも、日本では青汁として飲むために栽培されているケールがたくさんあります。
ケールに含まれているビタミンでもビタミンAは、粘膜を正常に維持しドライアイを予防したり、視力を回復させるなどの効果があります。
ビタミンCは、にきびやシミを改善したり、予防する効果があります。

ビタミンEは、抗酸化作用が強いことで知られています。
細胞の老化をも防ぎ、血管の詰まりによる動脈硬化などの恐ろしい病気を予防することができます。
そして、女性の更年期障害の改善なども効果があるとされています。

青汁の食物繊維も腸内を正常な状態にし、便秘や下痢に悩んでいる人には、とてもありがたい効果があります。
便秘はダイエットの大敵なので、青汁を飲むことでダイエットのサポートができるのです。
青汁に含まれるケールは苦くて匂いも独特のものです。
しかし、これはケールに含まれる栄養素によるものですが、抗菌作用も強いのでガンの予防http://www.mas-hamilton.com/3.htmlにもいいとされています。
ケールのデメリットを理解すれば、なぜ青汁にケールという野菜が使われるのかがよくわかると思います。

豊富な栄養素が含まれた青汁のおすすめのアレンジ方法はこちら


Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.