克服日記

青汁を料理に混ぜても大丈夫?

毎日飲んでいる健康食品や健康飲料があるとは思いますが、青汁を飲んでいる人はどのくらいいるでしょうか?他の健康食品と比べても、それほど高価なものではなく、一日数十円かけるだけで飲むことができるものは、現代人の健康にとってなくてはならないものです。
しかし、これは飲むだけのものではありません。
これを料理に使う方法もあります。

青汁レシピもいろいろなサイトや雑誌などで紹介されています。
むしろ、青汁を料理に混ぜて、その独特の風味や食べ物の色を楽しむ方法もあります。
他の料理に混ぜてみると、色は鮮やかなグリーンに染まりますが、味や臭みなどは消えてしまいます。

そこでここでは青汁を使った料理について少し紹介してみましょう。
これではなくても、中華料理でほうれん草を練り込んだ麺がありますが、こうした麺も鮮やかなグリーンに染まっていて、ヒスイ麺と呼ぶことがあるようです。
青汁の場合は、粉末タイプの商品が料理に利用しやすくなっています。

いろいろな料理に混ぜることでグリーンの青汁料理を食べることができます。
そして、簡単に活用できますので、今日は少し趣向の違った料理を家族に食べてもらうことができます。
これをスイーツとして食べる方法もあります。

パンケーキを抹茶風に作るときに、代わりに青汁の粉末を入れるだけです。
グリーンのパンケーキが出来上がりますが、まるで抹茶を使用しているかのようです。
その特有の苦味についてはあまり感じることがなく、むしろバクバクとお子さんのおやつにも最適です。

いつのまにかお菓子を食べている間に健康になっているわけですから、毎日でも作って食べるといいでしょう。
また、料理にこれを混ぜるだけで、緑色の料理が出来上がります。
これも粉末タイプの青汁を使うだけですので、とても簡単です。
飲む青汁が苦手なら、おいしく食べられる青汁料理を作り、家族みんなで食べるようにすればいいでしょう。
料理に使うなら隠し味としても使えますし、健康には全く問題ないからです。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.