克服日記

青汁に使われている葉とはどんなもの?

青汁は植物を主原料としたとても栄養価の高い飲み物です。
その味や匂いはともかく若い人からお年寄りまで、ファンになって毎日飲んでいるという人がたくさんいます。
ところで青汁の鮮やかな緑色はまさに野菜そのものが原材料として使われているからだといえます。

そこで、青汁に含まれている葉について少し勉強してみましょう。
青汁にはいろいろな植物の葉が含まれています。
野菜も含まれていますが、植物の葉も多くなっています。

青汁の原材料として使われていて有名なものといえば、大麦若葉やケールの葉が多いとされています。
こうした葉がよく使われている理由には、体にいいとされる栄養素が過不足なく含まれているからです。
青汁でもよく売れている商品は、こうした野菜や植物の葉を使っています。

大麦若葉については、生活習慣病を予防する効果があるとされています。
大麦若葉に含まれる酵素はSOD酵素と呼ばれるものです。
SOD酵素は、高血圧、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病を予防する効果があります。

大麦若葉のSOD酵素は、生活習慣病の原因となる活性酸素を除去してくれます。
特に動脈硬化は、コレステロールや中性脂肪の酸化により、血管の内側にこびりついてしまい、動脈が硬くなってしまう病気です。
これにより脳出血や脳梗塞などの病気を引き起こしやすくなります。

これは老化現象とも言われているので、高齢者には青汁で病気を予防することが大切です。
これの原料のケールは、アレルギーを改善することがわかっています。
花粉症にも効くとされています。

ケールには、ビミタン類が豊富に含まれていますので、がんなどにも効果があるとされています。
また、食物繊維が豊富に含まれているhttp://konopizzacanada.com/03.htmlので、便秘解消効果も期待でき、体内のデトックスに良いです。

このように青汁によく使われてる葉は、人の健康にとっていいものばかりです。
青汁の葉は味はよくないけれど、ぜひ積極的に飲んでもらいたいものです。
最近では味の改良された青汁商品もたくさん販売されています。
好みの味を試してみるといいでしょう。


Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.