克服日記

青汁って野菜だけど農薬とかは入ってないのか?

青汁の原材料としてよく知られるのが、野菜のケールや明日葉、大麦若葉http://www.siamarsa.org/08.htmlです。
これ以外にも青汁の原材料となっているものはたくさんあります。
栄養のバランスがよくて、商品として流通しているものでメジャーなものといえば、ケールになります。

青汁を選ぶときに原材料をよく見て選ぶことがあります。
原材料の違いは栄養価も変わり、その効果や効能も違うということです。
一番人気はケールといって、ヨーロッパ原産の野菜になります。

ケールはキャベツの一種としても知られています。
ヨーロッパの野菜ですので日本人にはなじみがなく、スーパーでも並んでいることはありません。
青汁によく使われているのはこのケールになります。

ケールは日本では青汁用に栽培されているもので、日本でも生産量が増加しています。
日本の産地では九州産のケールが一番人気があります。
九州産のものは、安全性をよく考えられて栽培されています。

商品選びには産地を見るだけではなく、無農薬・有機栽培のものを選ぶようにしてください。
農薬を使わないというポリシーを貫いている青汁商品は、その中身も本格的なもので、妥協を許さないところがあります。
毎日飲むものですから、健康や美容にいいものだけを摂り入れたいと思うはずです。

だからこそ、無農薬で有機栽培の青汁を飲むべきなのです。
無農薬のものは虫がつきやすく、農家の人も野菜を育てる環境には細心の注意を払っています。
そうした農家の努力によりおいしくて安全を考慮した青汁が誕生しているのだと考えてください。

そして、青汁を購入するときは、無農薬のものが基本になっています。
今売られている野菜には無農薬のものが多いといえますが、コストを下げるために低農薬のものも販売されています。
同じように見える野菜でもこうした違いはあまり表に出ないことがありますが、成分表などにはしっかりと記載されていますので、違いをよく知るようにし、より安全なものを購入するようにしてください。
青汁は空腹時に飲むと吸収率が良いので、毎朝一杯の青汁を飲んで一日をスタートしてみませんか。


Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.